食品(食べ物)を作っていることの自覚と覚悟

私たちが作っているのは “物” ですが、その中でも “食べ物” です。
口に入れるものであり、体作りや健康に直結するものです。決して大げさではなく、私たちは生命産業を営んでいます。
この事実を社員一人ひとりが自覚し、高いレベルで安全で安心していただける商品づくりを行う覚悟で仕事に臨んでいます。

その中心を担うのは品質管理部門。安心安全から、利益とコストの最適化までを考えるブレインチームです。

食品安全方針

茨城食品ガーリック工業は、お客様が求める「安全」「安心」の製品を常に提供できるようにマネジメントシステムを構築し、維持し、有効性を継続的に改善します。フードチェーンの一員である食品加工製造の企業として社会に貢献すると共に、全ての従業員参加により食品安全の確保と維持に取り組んで参ります。

  • 食品安全に影響を与える活動や製品の食品安全に関する適切な情報を外部コミュニケーション活動により伝達し、フードチェーン全体に周知します。
  • 食品安全に関する法令・規制要求事項および顧客の食品安全要求事項を厳守します。
  • 食品安全を確保するため、食品安全マネジメントシステムの構築、実施および更新に関する必要な情報を社内コミュニケーション活動により伝達し社内全体に周知します。
  • 食品安全に関し、部門で判定可能な食品安全目標を設定し、問題意識を持って仕事に取り組みます。

代表取締役社長 長本 富里

FSSC認証取得

高い品質管理体制を目に見える形に!
国際規格の取得

わが社では、品質管理体制の度合いを“見える化”するために、数ある「食品安全規格」の中でも認知度と信頼性が断然高い“FSSC22000” の認証を取得しています。

FSSC22000

Food Safety System Certification 22000の略。
食品安全マネジメントシステムに関する世界最高峰の国際規格の1つで、フードチェーンを通じて最終消費者に安全な食品を提供するための取り組みです。

品質管理部門

品質管理部門 行動指針

三現主義

「現場」で「現物」・「現実」を見て、事実に基づき冷静に判断します。

時間管理

時間や約束は必ず守ります。

報・連・相

情報の収集・伝達は積極的に行います。
自分から「見る」「聞く」「伝える」を実行します。

主な取り組み

OEMの完遂

製品化決定前 (新商品orリニューアル商品)

お客様のご要望通りにわが社で作り上げるための立ち上げ業務

  • お客様窓口(OEM依頼主との交渉)
  • 全規格の確認(お客様が求める全ての仕様を把握)
  • 生産工程の確立と「作業指示書・作業マニュアル」作成
  • テスト生産推進とテスト後のカイゼン
製品化決定後

商品が間違いなく生産出来ているかを確認する業務(=出荷判定)

継続して完全商品を生産するための業務

アフターメンテナンスサービス業務

生産全般にかかわる

ラインテスト時 お客様への説明風景

お客様窓口(OEM依頼主との交渉)

お客様からの新規またはリニューアルのOEM生産依頼に対し、わが社を代表する窓口となってお客様との意見交換から社内全工程の確立までを推進します。OEM生産にとってスタートであると同時に“要”とも言える業務です。

理化学検査

安全な食品を生産する責任を果たすため、理化学検査の豊富な実績をもとに 、塩分、pH、Brix、水分、油脂劣化度、アレルゲン、異物検査、等を商品に応じて行っています。

微生物検査

食中毒を発生させないことはもちろん、製品が賞味期間中に腐ることがないように、一般生菌、大腸菌、耐熱性菌をはじめ、製品に応じて様々な検査を行っています。

製品の官能検査

見た目(色,物性,具の状態)・香り・味を官能的に評価します。中でも味の評価はトレーニングが必要であり、社内の厳しい試験に合格したスタッフしか行えません。ちなみに合格者であっても必ず1年に1回の更新試験をパスしなければ権限が失効します。

工場内の衛生検査

生産現場の落下菌やアレルゲンの検査、使用している水の検査、作業台などの洗浄度合を確認するための拭取り検査等を実施しています。得られた結果を元に洗浄方法や殺菌方法の改善を行っています。

レトルト殺菌管理用センサー取付け

生産工程の管理

工場内での不衛生行為者への注意(作業着や帽子、マスクの着用方法など)をはじめ、チェックシートの運用状況、マニュアルの活用状況、設備の条件設定などを広く管理。トラブルを未然に防ぐための取り組みです。

原料から見つかった異物を多項目分析

クレーム・問合せ対応

クレームの原因を素早く解明し、対応策を講じています。さらに、原因を根本的に解決へと導き、 クレームをもとにカイゼンを重ねることで全体の品質向上につなげています。

FSSCの勉強会

FSSCのマネージメント

FSSC22000の運用では、いかに現場の社員を巻き込むかがポイントとなるため、品管メンバーを中心に規格自体の解説や必要性の教育を行っています。また、維持確認のための内部監査の実施や認定協会による審査の対応を行います。

社内衛生講習会

社内 啓発活動

品質管理は品質管理部門のメンバーだけが行うものではありません 。工場内で働く一人ひとりが品質管理に関する知識を持ち、適切に 業務を行うことが重要です。私たちは社員一丸の品質管理を目指し、社内勉強会や社内掲示など、工夫を凝らして取り組んでいます。

所有する分析機器(一部紹介)

トラブル発生時の早期解決を支える最新分析機器

問題発生時の素早い対処を可能にするために、民間企業ではなかなか持つことのない最新の機器を揃えています。
外部の分析機関に依頼すると数日かかる分析も自社で行うことで迅速な原因解明と、場合によっては原因が分かるまで停止していた生産ラインの素早い再始動に役立てています。

FTIR (フーリエ変換赤外分光光度計)

赤外スペクトル(=IRスペクトル)が物質の分子構造によって固有のパターンを示すことを利用し、分子構造や未知試料の定性分析をする装置です。

蛍光X線分析装置

X線を照射して原子の内殻電子を励起し、その不安定な状態から安定状態に戻る時に各元素に固有の波長のX線(=蛍光X線)を発することを利用して含有元素を定性又は定量分析する装置です。

超高精細4Kマイクロスコープ

高解像度と低ノイズを誇る4K CMOSを搭載し、4K画質に対応する高分解能と深い被写体深度を両立した顕微鏡です。実体顕微鏡から高倍率顕微鏡までを1台でカバーし、多彩な解析に活用しています。

アレルゲン分析装置

製品中に残存する各種のアレルゲンを測定します。原料や製品のチェック、生産ラインのコンタミチェックなど広く活用しています。